マイクロスコープを使う歯医者は良心的

マイクロスコープとは、肉眼では見えにくい場所を正確な画像で確認できるシステムです。
導入している歯医者はそれほど多くはないのが現状なのですが、このマイクロスコープの使用の有無によって治療後の経過に大きく影響することがあります。
最も多く見られる症例が歯根膿疱です。
歯根膿疱は、既に神経を抜いた歯の根元部分に細菌が増殖して膿のかたまりを作り出すという症状です。

症状が進行すると、フィステルという歯ぐきから膿の出る孔が発生し、場合によっては痛みを伴います。


この症状は自然治癒することはありませんので、根管治療という歯の中の神経が通っていた場所を清掃して消毒するという治療が必要となってきます。



多くの歯医者では、この根管治療は自身の経験やカンに頼って行っている場合が多く、完全に治癒できる可能性が低い症例でもあります。

マイナビニュースのお得情報を用意いたしました。

それは根管がとても複雑な形状をしており、実際に肉眼で患部を確認することが困難なためです。



歯医者では、治療が難しい上にあまり収入につながらない(治療単価が安い)根管治療を徹底的に行うところが少なく、そのために患部の完全な治療ができずに再発するというケースが多いのが実情です。

これらの理由から、根管治療にマイクロスコープを使用し、肉眼で見えないところまでしっかりと清掃をし、きちんと最後まで治療を完了してくれる歯医者はたいへん良心的であるといえるでしょう。
マイクロスコープを使用しているかどうかを一つの判断基準とすることもできるといえます。
なお、根管治療はマイクロスコープを使用して治療をしても再発するケースもあります。

それだけ難しい治療となりますので、歯の神経を除去するほどの大きなむし歯にならないように、予防することが一番大切です。